HOME>オススメ情報>中古ピアノの選び方と気をつけるべきポイント

中古ピアノの選び方の基礎知識

中ピアノの選び方で重視すべきなのは、ピアノの型や新しさだけでなくきちんとメンテナンスされているかどうかです。

中古ピアノを選ぶ際のポイント

国産ピアノか輸入ピアノか

国産ピアノと輸入ピアノでは音に違いがあるため、どちらのメリットもデメリットも知ったうえで選ぶのがポイントです。

環境にマッチするピアノであるか

マンションなら騒音問題などもあるのでサイレントピアノにするなど、環境にマッチするピアノを選ぶことがポイントです。

複数のピアノを弾いてみる

見た目で選ぶのではなくて、複数のピアノを弾いて選ぶことがポイントです。

全ての鍵盤を鳴らしチェックする

全ての鍵盤の音を確かめることでメンテナンスされているかどうか知ることができます。

ピアノの内部をチェックする

内部を修理するとなると大掛かりになるため、良好な状態かチェックするのがポイントです。

状態確認が大切

演奏

中古ピアノの選び方で押さえておきたいポイントと言えば、ピアノの状態です。同じ年式、メーカーのものでも、ピアノの状態は異なります。販売業者の管理の仕方だけでなく、使用状況やメンテナンスによっても左右されるので、1つ1つ、実際に確かめることが欠かせません。状態が良いものは値段も高額になるといった特徴はあるものの、値段の決め方などは業者によっても異なるので、あくまで目安と考えておいた方が得策です。良い面だけでなく、修理が必要になるなど、デメリットとなる部分も含め、ピアノの状態確認をすることが大切です。

音を確認する

ピアノ

中古のピアノを購入する場合には、実際に音を出し、確認しておくことも役立ちます。音色は、メーカーごとに違いが出る部分と言えますが、中古の場合には、同じメーカーであっても違いが出てきます。状態が良く、しっかりとメンテンスがされてきたかどうかによって、音色も変わるので、気に入ったピアノを見つけたら、実際に触れ、音を出してみましょう。好みの音色かどうかといった点をはじめ、音が出ない鍵盤や、押しにくい鍵盤がないかどうか、購入前に確認をすることも有効な選び方と言えます。

理由を明確にする

ピアノ

中古ピアノについては色々な選び方がありますが、なぜ中古のピアノを購入するのか、その理由を明確にしておくことも大切なポイントです。中古でしか手に入らないピアノが欲しいといった場合もあれば、予算の面から新品ではなく中古にするといった場合もあります。しかし、中には何となく中古を選んでしまう人も少なくありません。明確な理由がないと購入時に迷うことも増え、ピアノ選びも難しくなるので注意が必要です。

広告募集中